生命保険の新規加入 - 保険相談 見直し.jp - 神戸

HOME > 目的別保険相談 > 妻の生命保険の契約者は、夫にした方が良いでしょうか?

生命保険の新規加入

妻の生命保険の契約者は、夫にした方が良いでしょうか?

2014年12月19日

【ご相談事例】

保険見直しにあたり、専業主婦である妻にも生命保険に入ってもらおうと思っています。
妻の保険の契約者は、夫である私にするべきでしょうか?

【ご回答】

税金面を考慮するのであれば、基本的に奥様ご本人を「契約者」として加入されることをおすすめします。

もし、契約者・受取人をご主人様、被保険者を奥様とした場合、万が一の際に支払われる保険金には所得税がかかってしまいます。

生命保険の死亡保険金は、保険料を支払っている契約者、保険の対象となる被保険者、保険金を受け取る受取人の関係によって、適用される税金が「相続税」「所得税」「贈与税」に分かれます。

この中で最も控除が大きいのが「相続税」となるのですが、今回のご質問では契約者と被保険者を奥様、受取人を旦那様とすることで、保険金に相続税がかかる保険契約となります。

また、もし共働きであれば、生命保険料控除も適用となるため、更に有利となります。

ちなみに、生命保険の保険金にかかる相続税の算出式は以下の通りとなっています。
「死亡保険金-500万円×法定相続人人数=課税対象額」

例えば、奥様の死亡保険金が2,000万円となっており、旦那様とお子様がお一人いる場合、1,000万円が控除され、課税対象となるのは1,000万円となります。

加えて、相続税は「基礎控除5,000万円+法定相続人人数×1,000万円」が非課税となりますので、上記の例の場合、保険金以外の相続財産の合計が6,000万円以内におさまっていれば、相続税は0となります。

奥様の生命保険に関する疑問などございましたら、是非弊社FPへご相談下さい。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談

ページの先頭へ

メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 尾庭靖男

運営会社情報

保険相談・保障見直しなら I・NEST有限会社

営業時間/
月~土曜 9:00~17:00

〒650-0015
神戸市中央区多聞通2-4-4ブックローンビル西館6階

TEL/078-371-5217
FAX/078-371-5218

公共交通機関をご利用の場合

JR神戸駅・高速神戸駅より徒歩3分、地下鉄大倉山駅より徒歩5分です。

お車をご利用の場合

周辺にコインパーキングがございます。

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

2018年度東京海上日動団体超ビジネス総合保険販売件数全国 No.1

地域貢献:
神戸青年会議所
関西学院大学商学部寄附講座

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。